ネットオークションで他出品者より高値で落札される文章(コピー)とは?

こんにちは、山本です。

先日、無料レポート『ライターズ・ジャーニー
〜なぜ、あの人の書く文章は信頼されるのか?〜』

を読んで下さった方からこんな感想を頂きました。

「無料レポートいただきました。

 ありがとうございます☆

 早速念頭に置きながら一つの文章を書いてみました。

 何より自分が楽しく書くことが出来たことが一番の驚きでした。

 人の言葉や、あれはダメこれもダメ、という情報の枷に囚われて、
 本質を見失っていたように思います。

 目覚めさせてくださって感謝しています。」

早速、実践して下さったようです。



「自分が楽しく書くことができた」

これって凄く大切なことですよね。

やっぱり、いやいや書いている文章って、
読み手にも伝わるものですから。

(小学生のときに、いやいや書かされた作文って、、、
 クソつまらない内容ですもんね)

コピーライティングのテクニックを学ぶのは凄く重要なことだけど、
まずはコピーライティングで“伝えたいこと(もの)”を楽しんで
書けるようになる方が大切なんだと思います。



また、、、

この方はたまたまネットオークションをし始めたとのことで、
『ライターズ・ジャーニー』に書かれている内容を、次回出品時に
活かしたいとも言ってくれました。

『ライターズ・ジャーニー』は、「信頼される文章とは?」
という内容を伝えている無料レポートになるのですが、
レポートの中では僕のオークション実績もお伝えしています。

具体的に言えば、

ネットオークションで、1ヶ月間全く入札が入らなかった商品が、

たった一手間、信頼構築を目的とした“ある工夫”をしただけで

26件の入札があり他出品者より高値で落札された“ある工夫”

です。



ネットオークションって

「人間っておもしろいなー、不思議だなー」

を経験できる面白いものなので、文章で何かを売ってみたいという人は、
一度は経験しておいていいのかなあと個人的には思いますが、ただ闇雲に
説明文を書いて出品しても思ったような結果は出ないと思います。

ライバルも多いし、何より、お客さんはそんなにバカじゃないからね。

そこで、“当たり前の一手間”、、、もったいぶらずに言えば、
「如何に文章だけで信頼を得るか」を考えながら、実践していくと
「おもしろいなー、不思議だなー」を垣間見ることができる。

オークション経験者、これからオークションをしてみたいという人、
もしくは、文章で何かを売るということを学びたい人には、
有用な内容だと思いますので、ご興味があれば読んでみて下さい。

無料レポート『ライターズ・ジャーニー』



ではでは。

ここまでありがとうございました。

山本



追伸:
『ライターズ・ジャーニー』を読んで下さった人向けに、
フォローアップメールもお送りしております。

参加して下さった方から頂く

「何を書いたらいいのかわからない」
「いざ書こうとすると筆が進まない」
「結論をうまくまとめられない」

といった質問、疑問、問題などをフォローしておりますので、
ご興味があればご参加下さい。

『ライターズ・ジャーニー』への参加はこちらから。

コメント


認証コード4270

コメントは管理者の承認後に表示されます。