あるネット起業家の矛盾

こんにちは、山本です。

先日ある人に会いました。

知人が連れてきたその人は、20代中盤ですが、
庶民では中々手の出せないブランド服を身に纏い、
腕にはこれでもかってくらい自己主張が強い大型径の腕時計、
履くというよりは見るに重点が置かれているような
美術品のような靴・・・

そんな感じの人でした。

まあ話している分には普通の人なんだけど、
所々に自己顕示的な発言を織り交ぜます。



「ネットで稼ぐなんて“簡単”ですよ。

 しかるべき市場に、しかるべき商品を紹介すればいいだけ。

 アクセスさえ流せれば“簡単”に売れます」



きっと、嘘ではないのでしょう。

現に、彼はそうやって稼いでいるみたいだし。

それに、ビジネスの基本は「商品」「市場」「販売方法」だからね。



・・・家に帰り、彼からもらった名刺に書かれているHPに
アクセスしてみました。

まあ有言実行です。

「これだけ稼いでいます!その方法を教えます!」的な感じ。



さて。

ここで冷静になって考えてみたいのです。

本当に“簡単”に稼げるのでしょうか?



いや、何度も言いますけど、彼は嘘はついていないと思います。

だって、彼はそれで稼いでいるのだから。

でもさ、その彼の稼いでいる方法が老若男女問わず
全ての人に当てはまるかと言えば・・・そうじゃないよね。

もし「誰でも」「簡単に」「稼げる」が本当なら、
世の中金持ちしかいないわけですから。



“稼ぐ系”のみならず、どんなビジネスにしたって、
顧客にベネフィット(利益)を提示し、それに
価値を感じた人が商品(サービス)を買います。

だから、「夢を見させる」という点で、彼らの
とっている手法・戦略が間違っているとか、
詐欺だとか言いたいわけではありません。

ただ、その夢への経路を少し考えてみたいのです。



仮に、芸人の一発屋じゃないけれど、運良く
月に100万円稼げたとしましょう。

「わーい、PPCでアクセスながしたら売れたー」

でもいいですが、PPCの規約が変わったら?
グーグルのアルゴリズムが変わったら?
ライバルが増えてPPC単価が上がったら?

・・・こんなのはネットの世界じゃ
日常ちゃめしごとですよね?

そしたら、またその時期にトレンドの商材を買う?
高額塾に入ってノウハウを得る?
やっぱり堅実にブログアフィリだといって、
ゴミみたいなサイトを量産する?

・・・疲れちゃいますよね。



あなたの夢が「月収100万円」ならそれでもいいでしょう。



でもそうじゃないですよね?

人それぞれ色々あるとは思うけど、きっと大なり小なり

今を変えたい

という思いが根底にあるはずなんですよ。

だってお金なんて所詮は紙切れ、
価値と価値とを交換する触媒でしかないのだから。



「価値あるものを提供し、対価を得る」



このコンセプトを「そんなの絵空事」と嘲笑する人も
いるかもしれないけれど、僕が目指しているものはこれだし、
ビジネスにしろ、人生にしろ、人から羨望される人は
当たり前のようにこれを体現している。

「誰でも」「簡単に」と言うつもりは全くありません。

むしろ、中々どうして険しい道のりかもしれない。

でも、挑戦するだけの意味はあるのではないでしょうか?



もしあなたが「価値あるものを提供し、対価を得る」を
文章(コピーライティング)で体現したいなら、ご参加下さい。

ライターズ・ジャーニーへの参加はこちら



ここまでありがとうございました。

山本

コメント


認証コード2574

コメントは管理者の承認後に表示されます。