日本一ふざけた二人三脚ライティング

こんにちは、山本です。

こんなものを企画しました。

■企画:
日本一ふざけた二人三脚ライティング

■内容:
あなたが書いた文章にヒントや疑問を投げかけます。

■期間:
参加された方と個別に決めたいと思います。

■参加費:
無料



ここで突然のクイズです。

「直線だけを使った一筆書きで9個の点全てを通るには
 どう書けばよいでしょうか?」

 ・  ・  ・

 ・  ・  ・

 ・  ・  ・

少し前に流行った脳トレ的な問題ではありますが、
即座に答えられる人は、10人中1人いるかいないか
とのことです。

俗にいう「頭が柔らかい」・・・羨ましいですね。

ただ次のヒントを与えると、大体の人はわかるとのこと。

「周囲の8個の点の外側を使ってよい」



文章は一人で書くものです。

ただ世の中、コツコツと学び、粛々と実践し、
淡々と続けられる人ばかりではありません。

先程のクイズのように、「外からのヒントによってわかる」
は往々にしてあります。

そんな「ヒント」を共に見つけていきましょう、
というのが今回の企画の趣旨です。



具体的には、僕があなたの書いた文章に対して、
コピーライティングという視点を軸に「ヒント」や
「疑問」を投げかけます。

間違っても代筆や「こう書きなさい」と指導するようなことはありません。

なぜなら、それがあなたのためになるとは思わないから。



成功法則を読んでも成功できない人がほとんどなのは
なぜだと思いますか?



・・・それは、成功への道はそれぞれ違うからです。

例えば、富士山登頂を成功だとします。

あるガイドが「初心者なら吉田ルートから登りましょう」
と言ったとしても、それが富士山に初めて挑む人全てに
当てはまるかと言えば決してそんなことはありません。

人によっては、須走ルート、富士宮ルート、もしかしたら、
御殿場ルートの方が合っている人もいるかもしれない。

それを十把一絡げにして、「こうしなさい。これが成功法則です」は
あまりにも乱暴ではないかと。。。



“二人三脚”

言うなれば、オーダーメイド。

シラバス的なものはありませんし、「この企画に参加してくれたら、
誰でも簡単に云々・・・」というようなことは言えません。

それ故、結果ばかりを追い求める人には向かない企画でしょう。

ただ逆に、

「富士山を登る前には準備しなきゃ、
 何事も基本・基礎は大切だからね」

を受け入れられるなら、有用な機会となるはずです。

セールスレター、アフィリエイト記事、セミナー原稿、
提案資料、プロフィール記事・・・

あなたが書く文章ならどんなものでも構いません。

共に、登っていけたらと思います。



参加費は無料ですが、お互いお金には換えられない
貴重な時間を使うわけです。

そのため、期間は特には決めてはいませんが、
当たり前のこととして無期限という無意味なことはせず、
「今月中にレポートを書き上げる」とか、
「セールスレターを今週中に1枚書く」とか、
「3日以内に、アフィリエイト記事を書く」といった
具体的な期限はあなたに決めて頂きたいと考えております。



「何も決めなければ、また同じ1年を過ごすだけ」



とはよく言われることですので、この機会が何かの「きっかけ」だと思うのなら、
こちらからお申し込み下さい。

日本一ふざけた二人三脚ライティング

※募集は締め切り致しました。



あなたのご参加お待ちしております。

ありがとうございました!

山本



追伸:
どのくらいの方が参加して頂けるのかは皆目検討がつきませんが、
情報共有も積極的にしていく予定です。

人の書いた文章・意見はそれだけで「ヒント」となりますし、
逆に、あなたの文章・意見・視点が相手にとっての「ヒント」
であったりもするわけです。

何の因果か、こんな“ふざけた”企画に参加するのですから、
“ふざけた”者同士、ワイワイやっていければと思います。

(もちろん、勝手に共有することはせず必ず事前に確認を取ります)



追記(2015年5月25日):
期間限定で募集を再開致しました。
詳しくはこちらをご確認下さい。

コメント


認証コード4766

コメントは管理者の承認後に表示されます。