自分の中のヒーロー



「へーんしん!トウッ!!!」

と空高くジャンプしている男の子。

「キック!ヤァ!エイっ!!」

僕には見えない敵が彼の目の前にはいる。

戦隊ごっこでしょうか?

ランニング帰りの近所の公園。

そこには、今を全力で生きる光景がありました。



おはようございます。山本です。

あなたは小さい頃どんな遊びをしてましたか?

まー子供の遊びなんて無限にあるとは思いますが、
先程の子供がしていた「ごっこ遊び」は、あなたも
一度はやりましたよね?

夢中のヒーロー、ヒロインに成る。

「成れたらいいなあ・・・」じゃなくて、成っている。

そこには恥ずかしさも怖さも何もない。

世界は自分(ヒーロー/ヒロイン)を中心に回っている。

ヒーローに対する劣等感

「自分を変えたい」

とあなたも一度は考えたことあるとは思いますが、
「変えたい」ってことは、「変えられない」という
今があるわけですが、

ここでは、「変わる/変わらない」って議論は
置いといて、「なぜ?変わりたいと思うのか?」
ってことを考えてみたいと思います。



と言いつつ、先に結論をお伝えしてしまいますが、
「変わりたい」と思う根源には「劣等感」があると
僕は考えています。

誰に対しての?

自分の中にいるヒーローに対してです。

2種類のヒーロー

便宜上、ヒーローを2種類に分けたいと思います。

  • 自分自身がヒーロー
  • 自分が憧れるヒーロー

「変わりたい」と思う根源には「劣等感」があると
お伝えしましたが、前者に対する劣等感は頑張る
モチベになると思いますが、後者に対する劣等感は
卑屈さを発生させます。

イチローとかならまだいいんですよ、ある意味
別格感があるから。

でも日常で出会うヒーロー、言い方を変えれば、
あなたが羨む人生を歩んでいる人。

こういう人と出会っちゃうと、自分の無能感に
打ち拉がれ大抵は卑屈な世界に突入してしまう。

「彼は頭が良いから、、、
 家が金持ちだから、、、
 容姿がいいから、、、
 仕事ができるから、、、

 それに比べて俺は・・・」

ってね。


  • 自分自身がヒーロー
  • 自分が憧れるヒーロー

先程もお伝えしましたが、前者に対する「変わりたい」
ならいいと思うのです。モチベに繋がるから。

でも後者に対する「変わりたい」は僕らを
苦しめるだけなんだよね。

だって僕らは「自分が憧れるヒーロー」には
「成れない」のだから。

「飛ばねぇ豚はただの豚だ」

とポルコはジーナに言ったけれど、はっきりと
言わせていただければ・・・

豚は豚です。

単に、「飛んだ豚」がいるのか、「飛ばなかった豚」が
いるのかだけのこと。

大人になるにつれ飛ぶのが怖くなる気持ちは凄くわかります。

僕は社会に出て11年間怖くて飛べませんでした。

自分には飛ぶ力がないと思ってしまう気持ちも凄くわかります。

僕は専門的な知識も技術も何もありません。

でも飛んでみないことには何も始まらないし、それに

「キック!ヤァ!エイっ!!」

って男の子は飛んでましたよ。

僕らも出来る・・・よね?

それに、きっとヒーローは「変わって」成るものでは
ないのでしょう。



ここまでありがとうございました。

また明日。

山本

コメント


認証コード1986

コメントは管理者の承認後に表示されます。