LINEの既読通知



「寝てましたって、、、昨日の夜9時に
 既読になってんじゃん」



こんばんは、山本です。

LINEの既読通知。

誰もが「なんだかなー」って思う機能らしいのですが、
昨日電車でこんな会話をしている男性3人組がいました。

「お前、昨日の21時に読んでんじゃん」

「いや、寝てたんだって」

「ほんとまじうざい」

「寝ぼけててよく覚えてないんだから
 しょうがないじゃん」

「夜の9時で寝るってありえなくね?」

誰も求めていない機能なのに・・・

LINEの登録者が4億人を突破、
日本のユーザー数は5000万人、
1000万人を突破した国は10カ国。

LINEがサービスを開始してたったの3年、
凄い勢いで伸びていますよね。

そんな快進撃のLINEですが、利用者の多くが
既読通知に抵抗があるみたいです。

先程の男性3人組も最後は
「既読って出るのイヤだよね」
って言ってましたから。

「イヤなら使わなきゃいいじゃん」と言う人も
いるかもしれませんが、それじゃ話が終わって
しまいます。

ちょっと発想を変えて「イヤだけど使ってしまう」
で考えてみましょう。

適度なプレッシャー

相手に既読(読みました)と通知されてしまう
ってことは、そこには暗黙のうちに「返信の義務」が
発生すると思うのです。

「おはよう」と挨拶されたら「おはよう」と
返すのが当たり前としてある僕らですから、
やっぱり相手からの連絡を無視するのって
何処と無く抵抗があるわけです。

まーでもこれってオフラインでの話であって、
オンラインでは少しそれがゆるかった。

たまにPCメールで開封通知を求めて送ってくる人
っているじゃないですか?

あれって結構イラっときますからね。

でも開封通知がデフォルトであるLINEなら、、、
イヤだけどしょうがない。

そんな背景も手伝って頻繁にやり取りが発生する
って感じなんじゃないのかな?

「自由」と「ルール」のバランス

「自由にどうぞ」と言われると、
逆に人は何もできないもの。

だから何事にもある程度ルールが必要なんだよね。

「自由」と「ルール」

相反することのようにも思えるけど、
実はどちらも大切で、一番重要なのは
2つのバランスなのでしょう。

既読と出てしまうことによる利便性。

今の世の中には絶妙のバランスなのかも
しれません。

LINEを使ったことも見たこともない僕が
勝手に考えたことなので、的を外している
可能性大ですけどね。



あなたはLINE使ってますか?

使っているなら、LINEの既読機能がある理由を
どう考えますか?

もしよかったら教えて下さい。



ここまでありがとうございました。

また明日。

山本



日刊でメルマガを配信しております。
もしご興味があればご登録下さい。

メルマガ登録はここをクリック

コメント


認証コード1262

コメントは管理者の承認後に表示されます。