線路は続くよどこまでも



「♪せんろは つづくよ どこまでも
  のをこえ やまこえ たにこえて
  はるかな まちまで ぼくたちの
  たのしい たびのゆめ つないでる♪」



こんにちは、山本です。

先日、学生時代の友人と池袋の西武口から
徒歩2分の場所にある焼肉屋に行きました。

3年ぶりに会った友人は結婚もし子供もでき
立派な人生を歩んでいるように見えましたが、
いきなりこんなことを言い出しました。

「お前、フィリピン行ったことある?」

「ない。」

「じゃあ、ベトナムは?」

「ベトナムはあるけど何で?」

「いやーなんかさ、東南アジアに行きたくってさ」

「休暇で行けばいいじゃない」

「休暇じゃなくてさ、そのまま住みたいだよねー」

「だったら住みゃいいじゃん」

「そうは言ってもさぁ・・・」

よくある居酒屋トークでしかないけれど、彼の話を
聞いているとその根底には「人間関係の煩わしさ」が
あるみたいなのです。一言で言えば、

「全てを断ち切って、誰も知らないところに行きたい」

って感じでしょうか。

本当に断ち切りたいものは・・・?

誰しも一度はこんな気持ちになったこと
あるのかもしれませんね。

もちろん僕にだってあります。

でね。

人間関係を断ち切るって案外簡単にできるもんです。

携帯を解約して、引越して、会社を辞めれば、
95%くらいの関係性は断ち切れます。

過去に四度もやったことある僕が言うのだから
間違いありません。



ただ人間関係を断ち切ったからって、彼が望むような
人生にはならないと思うのです。

それは、断ち切りたいのは人間関係云々ではなく、
今の自分だから。

・・・「変身願望」って言った方がわかりやすいかな?

要するに、今の自分に不満があるから、全てを
リセットしてやり直したいってこと。

そう思いません?

でも、そんな自分を見ないのか、認めたくないのか、
隠したいのかは人それぞれだけど、周りの環境のせいに
したがるのが僕らなんだと思います。

「満足な豚であるより、不満足な人間である方が良い。」

と、イギリスの哲学者は言ったけど、僕らは多分
死ぬまで不満足なのでしょう。

イチローだって、アンジェリーナ・ジョリーだって、
クリスティアーノ・ロナウドだって、ラポ・エルカーンだって、
きっと100%は満足していない。

いや、満足していたら高みを目指さないから、
絶対に不満足なはず。

そう考えると、僕らが持つ自己不満は当たり前どころか、
まだまだ足りないくらいなのかもしれませんよ。



もし、人間関係を断ち切りたいのなら、まずはこの不満足を
認めた上で断ち切ればいいんじゃないかな。

結局、人間関係は断ち切ることは出来ても、人生は途中で
断ち切れるもんじゃないんだから。



「♪せんろは うたうよ いつまでも
  れっしゃの ひびきを おいかけて
  リズムに あわせて ぼくたちも
  たのしい たびのうた うたおうよ

  ランラ ランラ ランラ
  ランラ ランラ ランラ
  ランラ ランラ ランラ
  ラン ラン ラン♪」



ここまでありがとうございました。

また明日。

山本



日刊でメルマガを配信しております。
もしご興味があればご登録下さい。

メルマガ登録はここをクリック

コメント


認証コード7335

コメントは管理者の承認後に表示されます。