カテゴリ:食

メニューを真剣に選ぶ

スッポン、ヤギのチーズ、ケッパー

ここ最近、今まで食したことない食べ物を
頂く機会に恵まれています。

どれも身近にあるようでない品。

なので、味を正直に言えば、、、「よくわからない」。

だって今まで食べたことないものですからね、
他と比べようがないのです。

でも、スッポンの生血や胆汁は
刺激的だったし、

ヤギのチーズは濃いけれど
ブルーチーズほどクセはなく、
何より人参と一緒に食したとき
口の中に広がるトロリとした
あの香りと味が最高、

ケッパーは塩水で漬けてあるので
しょっぱいけれどなぜか気になる
お新香の様な存在、

どれも素晴らしい品ばかりでした。

最初に食べたものが基準に
なりますから、ずいぶんと高い
基準になったような気がします。

食事と人との出会い

って似てるなあって最近思います。

僕は、ちょっと前まで同じ店で
同じ料理ばかり頼む人でした。

一周回った後の拘りだったらよいのですが、
僕の場合は保守的な意味合いが強かった。

「めんどくさいから」って言った方が正直かな。



でも「美味しくないなら二度と
行かなきゃいいだけだし」と
思えるようになってからは、
食事に対する興味が高くなりました。

なぜかと言うと、メニューを真剣に選ぶから。

以前はメニューなんてほとんど流し読みでしたが、
二度と来ないかもしれないと思うとやっぱり手は
抜けない。

単なる貧乏性なのかもしれないけどね。



人の出会いも同じかな。

いつも同じ人としか会わない環境だと、
相手に対してそんなに気を向けないですよね。

でも、新しい出会いがあると、その相手に対して
興味を抱くじゃない?好き嫌い問わず。

んで、そこにはやっぱり新しい発見が
一つや二つは必ずある。良い悪い問わず。

これって大切なことだと思いません?



それに何も新しいメニューじゃなくてもいいわけです。

10個中9個のメニューが嫌いでも、
1個でも好きなものがあると通ってしまう
お店があるように、

今までのメニューを見直してみたら
既にその1個に出会えているかもしれません。

そんなことを繰り返してると、
スッポンだったり、ヤギのチーズだったり、
ケッパーなどを紹介してくれる人とも
出会えるわけです。

・・・強引かな?



ここまでありがとうございました。

山本

コメント


認証コード7087

コメントは管理者の承認後に表示されます。