Revue de Mode N°18

こんばんは、山本です。

今日は僕の友人がプロデュースする個展のご紹介です。

誰の個展かと言いますと、、、

フランス人作家のLAETITIA LOMBARDO
(レティシア・ロンバルド)さんの個展で、
今日(18日)から27日(日)まで、
東京の下赤塚にある「Guy Antique Gallery」で
開催されます。

(詳細は一番下に転記しておきます。)



正直、この業界のことはよくわかりませんが、
原画や作家本人に直接会えるというのは
すごく貴重な経験だなあっていつも感じています。

なんて言ったらいいのかな、、、

言葉にするのがすごく難しいんだけど、、、

僕の場合でいえば、、、

アートとかに全く興味なかった僕が、ジョジョ展に行って
原画が持つパワーっていうんですかね、それに触れてから
リアルの大切さというのに気づき、ちょくちょく美術館や
個展などに行くようになった。

(ジョジョ展では勢い余って複製原画を購入しちゃったし)

だからこういった機会があるときは、
できるだけ行くようにしています。

作り手と直接会えるってのは、そう滅多にないことですからね。

もちろん会期中、ずーっとレティシアさんがいるわけではないと
思いますが、オープニングパーティー(19日15時から)には
いらっしゃるはずですので、もしご都合がつくようでしたら是非に。

人見知りな僕は、行く前いつも「知らない人ばかりで
話も通じないだろうし、そもそも場違いな気がする」って
思うのですが、行ってみたら結局「楽しかった、行ってよかった」
なんですよね。

行ったことはないけれど、合コンとかもこんな感じなのかな?(笑)

19日は僕も行きますので、もし来られるようであれば会場で。

面白い人がいっぱいいますから、きっと。

そして、ムーラン・ルージュの息吹を体験しましょう!

ではでは、今日はご紹介のみで。

ここまでありがとうございました。

山本



ーーーーー(Revue de Mode N°18 詳細ここから)ーーーーー

Revue de Mode N°18

LAETITIA LOMBARDO

2014.04.18[fri]-2014.04.27[sun]
OPEN 12:00-20:00

Fitting by caffs
【 中村・米谷 】



拝啓 春風の吹く季節となりました。 
皆様いかがお過ごしでしょうか。

この度、LAETITIALOMBARDO「Revue de Mode N°18」を
板橋の「Guy Antique Gallery」にて開催することとなりました。

作家 LAETITIA LOMBARDO
(レティシア・ロンバルド)

フランスのファッション専門学校Atelier chardon-savardを卒業後、
ジョン・ガリアーノ氏の元などでデザイナーとして働く。

現在は東京に製作の場を移し、
デザイナー、イラストレーターとして活躍中。

作品は1枚1枚手書きのオリジナルで、テーマに沿って、
人物、風景、動物、自然などを組み合わせていきます。

それらのアイディア、色の組み合わせ、また個性的なファッションに、
デザイナーとしてのセンスやエスプリが表れています。

タイトルネームの「revue」は、フランス語で“雑誌”という意味の他に
「スペクタクル」という意味があります。

それはまさに、今回のテーマである「パリ18区」にあるキャバレー、
ムーラン・ルージュやリドのセクシーな女性やファッションが表現された、
レティシアの世界そのものです。

ギャラリーに足をお運び頂いた際は、
パリに遊びに来たかのように思える素敵な作品の世界観をお楽しみ頂き、
帰り際には、どこかオシャレをして出掛けたくなるような…
そんな展覧会にできれば幸いです。

[お問い合わせ]
at Guy Antique Gallery
〒175-0093東京都板橋区赤塚新町1-22-9
TEL 03-3939-0808
http://www.guyantique.com
OPEN 12:00-20:00

OPENING PARTY 2014.04.19[sat] 15:00-18:00

ーーーーー(Revue de Mode N°18 詳細ここまで)ーーーーー

Revue de Mode N°18



メルマガ登録
https://55auto.biz/bs2b/touroku/entryform2.htm

コメント


認証コード7549

コメントは管理者の承認後に表示されます。