此処に賢者のアフィリエイト結果とその戦略

こんにちは、山本です。

最近はランニング日和です。

気持ちがいいのでついつい調子こいて
いつもより長い距離を走ってしまいます。

大体調子こいた次の日は筋肉痛に襲われるのですが、
明日は雨予報(雨の日は走らないので)なので
気にしないことにしておきましょう。

さて、今日はここんところご紹介している
『此処に賢者』のアフィリエイト結果と、
それに向けて僕が取り組んだ戦略をお伝え致します。

戦略って言うにはおこがましいのですが、
一応どんなイメージを持って取り組んだかを
共有できればと思います。

念のため先にお伝えしておきますが、『此処に賢者』は、
僕が実際に購読してよかったからという前提があります。

僕が営業時代を経て決めたことは
「自分がよいと思ったものしか紹介しない」がありますので、
決してアフィリがしたかったからという訳ではございません。

そこは誤解なきように。



では、早速ですが『此処に賢者』のアフィリ結果をお伝えします。

「2件」です。

購読してくれたお二人の方は『此処に賢者』に
どんな感想を持ちましたか?

どんなことも受け手は自分の文脈で理解しますからね。

同じことを僕がAと受け取っても、あなたはZと受け取る。

その違いが、面白くもあり、苦しくもあるのですが、
気になるところです。



で、どんな戦略を持って取り組んだかと言いますと、
以下の3つをイメージしておりました。

 1.山本和広って誰だよ?
 2.此処に賢者って誰がやってるの?
 3.此処に賢者って何?



【1.山本和広って誰だよ?】

当たり前ですが、
面識のない人から紹介されたって「は?」ですよね?

と言うことで、僕はまず山本和広を知ってもらうことに
一番時間を費やしました。



・毎日メルマガを送る。



すげーポジティブに見ても7人くらいしか読んでないでしょうし、
大半は迷惑フォルダ行きだったでしょうけど、それでも毎日送らせて頂きました。



人との信頼関係ってなんだと思います?

・・・・・「共有する時間の長さ」です。

昨日会った人より、学生時代の友人の方が信頼できる。

ぽっと出てきた新人芸人より、ベテラン芸人の方が安心して観れる。

SNSにたまにしか書き込まない人より、
下らない内容でも毎日書き込んでいる人の方が気になる。

いいとも!が終わるのを惜しむ人が多かったのも同じこと。

信頼関係の基本って結構単純なことなんですよね。

もちろん多くの時間を共有できるってことは、
それはイコール人となりがあってこそ、、、
忘れてはいけませんよ。



これ以外に僕がメルマガを書く上で意識していたこと。

それは、「自分の経験(過去)」を必ず入れるということです。

毎日のメルマガにプラスアルファで、
僕の過去を書きあなたとの共有時間を増やした。

これはワイズマンから教えて頂いた内容そのままなのですが、
自分の経験としても納得できたから実践させて頂きました。

いかがだったでしょうか?

1ヶ月前よりは、あなたと僕の距離が縮まっている感じしませんか?



【2.此処に賢者って誰がやってるの?】

次は、ご紹介する商品に関してです。

僕は銀座のセレクトショップのオーナーからの紹介で、
イタリアシチリア島のスーツ職人にスーツをオーダーしましたが、
このスーツ職人が誰だかわからなかったらやっぱり躊躇したと思うのです。

その商品はどんな人(企業)なの?は当たり前に気になるポイントです。

僕は、メルマガでちょいちょいワイズマンの言葉を引用させて頂きました。

ワイズマンがどんなことを言っている人なのかを徐々にお伝えしていった。

「ワイズマンは総理大臣のプランニングを手がけた人です」とか
「5000社の企業のプランニングを手がけた人です」というご紹介も
するべきだったかもしれませんが、そこら辺は以前ご紹介した
しまださんの無料レポートにも書いてあったことだし、
結局、僕がワイズマンをどう捉えているのかをお伝えするのが、
一番ユニークな方法かなあって。

だから最終的には、一昨日の「ワイズマンを超読解する。」を
100%主観で書いた。

主観100%だったので、少し誤解が生む表現もあったかもしれませんが、
僕的にはこういう意図があって書いた記事でした。



【3.此処に賢者って何?】

次は、商品そのものに関してです。

オーダースーツを知らなければ、当然、
オーダースーツを買う気持ちはおこりません。

当たり前です。

ただ内容(コンテンツ)に関しては、セールスレターに書いてありますし、
興味ない人はそもそも見ませんから敢えて書きませんでした。

その代わり、購読者として客観的な視点をご紹介させて頂きました。

昨日の記事です。

「デメリット」を書きました。

例えば、此処に賢者にて日刊で配信される動画。

人によっては動画を見る環境にない、
そもそも見る時間がないもあるかと思います。

購読には有限であるお金が必要です。

メリットがあれば当然デメリットもある。

それもきちんとお伝えしておければと思いました。

素っ気ない記事だと思われたかもしれませんけどね。



以上が今回僕がとった戦略です。

この戦略の結果が「2件」でした。

まずは1つのアウトプットが出た訳です。

このアウトプットを踏まえ仮説検証の繰り返し行う。

アフィリエイトはもちろん、他のビジネス、
僕がやっていた営業だってこれの繰り返し。

当たり前ですよね。

一歩一歩進んで行きましょう。



ではでは、また何かご紹介したいものがありましたら
ご連絡させて頂きます。

ここまでありがとうございました。

山本



カール・フォン・クラウゼヴィッツ

コメント


認証コード7584

コメントは管理者の承認後に表示されます。