「いま」できること

山本です。

下書きもなしに本文書きますので乱文となることお許し下さい。

僕は東京に住んでいます。地震発生時は秋葉原の駅構内にいました。電車を降りた瞬間に「あっ地震」とわかる揺れ。でも正直立っていられないほどでもなく、歩くことができましたので、ここまでの規模になるとは想像もしませんでした。
(建屋上階はたってられないほど揺れたみたいです)

実際に東京を見渡してみると、今のところ特に大きな被害はありません(電車が走らなかったり、ガソリン・灯油が売り切れだったり、スーパーで必要品が買えなかったり、といったことはあるかもしれませんが、それ自体は被害ではありません)。

その為、メディアから流れるニュース・映像をみてもどうしても“他人事”としか受け止められない人が多いと感じます。

「被災地では今でも多くの人が不安な日々を過ごしてるのに、なにのんきに笑ってるんだよ!」

と言いたい訳ではありません。人それぞれ役割がありますから。こんなときに娯楽に興じても僕は批判はしません。仕事・学校が休みになり、不謹慎と思いつつ心のそこで喜んでいたとしてもそれはそれで構いません。

ただ、あなた自身の役割を全うしながらも、あなたにできることをして欲しいと僕は思います。

お金に余裕がない人が無理に募金をする必要はないでしょう。でもお金がない中でもできることがあるはずです。

小さなことでいい。ほんの些細なことでもいい。ただ“考える”だけでもいい。

僕らは環境とセットでこの世を生きています。その環境を無視しないで下さい。無関心にならないで下さい。この生きにくい世の中、自分自身のことだけでいっぱいいっぱいなのはわかります。でもそんな状況でもほんの少しでもいい、「いま」のあなたにできることをして下さい。

きっかけはなんでもよいです。僕のこのサイトでなくても結構です。あなたの心が動いたときの感情・思考を大事にして下さい。

この多様性の時代に大きなベクトルだけは同じ方向に向いていけるように、僕も微弱ながら自分自身を全うしたいと思います。

2011年3月14日
山本 和広

追伸
サイドメニューにバナーを貼っておきましたが、緊急災害募金のサイトはこちらです。

http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/

    コメント


    認証コード0952

    コメントは管理者の承認後に表示されます。